スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX レバッレジ規制について   遅っ 

金融庁FXレバレッジ規制について   思うこと。

昨日の記事ですが 産経ニュース記事より 

この 「レバレッジ規制」は今年に入り出てきて、 現在、金融庁は 6/29まで


一般の意見を受け付けているという 段階ですね。


91%の一般投資家が「20~30倍」の規制に反対の中、


この改正案、どうなんでしょうねぇ?


もちろん、ボヤッキーも 反対 です!!


ほんとうに FX のレバレッジが突出しているんでしょうか?


100倍以上の 倍率だけとらえれば、


株の信用取引や 商品先物に比して、FXだけ 突出している事になりますが。


 そうでしょうか? 株や先物取引は、取引時間に制限あり、窓明けストップ高(安)


つきものですが、その結果、前日比10%や20%といった変動がある、


そういった商品上の特徴があるので


その結果、証拠金倍率が低くなってくるのも、当然です。


 それに対し、FXは 原則 24時間取引で、 窓明け(例外として、たまに週明け


月曜日ありますが)ストップ高(安)のような値がつかない状態になりにくい訳で、


(ここでは有事・テロなどの緊急時は度外視してます。)


相場が急変した場合に莫大な被害が出るということですが、


ロスカットで対応していくのが、FXの取引の性質上良いと


思うですけどね。


 もし、投資家保護を謳うなら、ロスカット基準を厳格化するなどして、


ロスカット実行後、投資家に追証が出ないような仕組みを作る


そういった 改正案 を望みます。


今晩は マジメな ボヤッキーでした。 

応援よろしくお願いします!ポチッとよろしくお願いします

 にほんブログ村  人気ブログランキングへ






 







この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline0boyaki.blog78.fc2.com/tb.php/40-be9c1f02

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。